【理想の自分になろう】小顔になる方法を徹底リサーチ

顔の脂肪を取り除く

カウンセリング

体の負担が少ない

小顔になる方法を探している人におすすめなのが、脂肪溶解注射をフェイスラインなどに打つ方法です。小顔になりたいと悩んでいる場合の多くが、顔に余分な脂肪がついていることが原因になっています。脂肪溶解注射は脂肪を減らしたい部分に注射するだけで、脂肪が分解され自然に汗や尿とともに排出されるという画期的な方法です。手術はせず注射を行うだけなので、小顔になる方法としても手軽な脂肪溶解注射は人気があります。また、薬を注入する量や回数も相談できるので、極端に痩せこけてしまわないか心配という人も問題ありません。この施術方法は痛みが少なく、針の跡程度の傷跡しかつかないので、まわりに知られることなく小顔になる方法として適しています。なお、注射の痛みが不安というときは、麻酔クリームなども準備してもらえるので安心です。さらに、局所麻酔成分を含んだ薬を使用しているクリニックもあるので、さらに痛みが軽減されるでしょう。通常の注射針よりも細い極細の注射針を使用していれば痛みが気になる人も安心です。施術時間は5分から20分程度で終わるのが一般的で、注射後すぐに帰宅できます。また、当日からシャワーやメイクも可能です。しかし、体を温めすぎてしまうと血行がよくなり、注射した部分が腫れてしまうことも考えられます。施術当日の浴槽への入浴やサウナ、激しい運動は避けたほうが無難です。施術時間も短いため、仕事帰りや用事のついででも受けられる点が支持されています。施術前には、どの部分に注射するのかしっかりカウンセリングを行った上で受けるようにしましょう。特にフェイスラインに脂肪がなく、骨格が原因で顔が大きく見える場合は脂肪溶解注射をしても十分な効果は得られません。自分にはどんな施術が合っているか、医師のアドバイスを受けるようにしましょう。顔まわりに脂肪がたくさんついているタイプなら、脂肪溶解注射よりも脂肪吸引をしたほうが高い効果が得られます。施術時間は1時間程度ですが、術後の腫れを予防するためにサポーターをつける必要があります。しっかりと傷口を圧迫することで綺麗に仕上がるので、面倒でもきちんとサポーターをつけましょう。なお、顔専用のサポーターをつけたまま外出するのが難しいようであれば、自宅にいる間のみつけておく方法でも問題ないようです。耳の付け根などの目立たない部分から脂肪を吸引するので傷跡は目立ちませんが、術後1週間程度は腫れが出る場合があります。小顔になる方法として脂肪吸引を選択する場合、術後からある程度の期間は、仕事や学校を休めるようにスケジュールを組んでおいたほうがよいでしょう。

Back to Top