【理想の自分になろう】小顔になる方法を徹底リサーチ

手術で小顔になる方法

医師

美容整形外科手術で小顔になる

美容整形外科手術で小顔になる方法は、顔の輪郭の浅い部分だけを切る方法もありますが、骨切りと呼ばれる顔の深部の骨を削る手術は、根本的に顔の輪郭を整えるものです。出っ歯、受け口は本人も悩みますし周囲にも心配されます。一度美容整形外科のカウンセリングを受けてみると詳しく話が聞けて不安が解消されます。一口に手術で小顔になる方法と言っても様々です。エラを削る、頬骨を削る、アゴを引っ込めたり口元を引っ込めたり場合によっては様々な方法をミックスして手術を行います。こういった微妙な技術を要する手術では事前に十分なイメージリハーサルを行うことが必要です。そのためCT撮影をしてそのデータから患者さん一人一人の顔の模型を作成します。レントゲン写真と違って360度回転させて顔全体の特徴と手術部位を特定し、顔の神経を傷つけない配慮をします。つまり一人一人のためのオーダメイドの手術を行うわけです。小顔手術を受ける病院を探すのであればこれまで扱った症例数が多い病院を選ぶと安心です。実際の手術は全身麻酔をかけて施術します。患者さんは無痛のまま手術を受けられます。麻酔に関しても麻酔専門医が行い安全管理には万全を尽くします。手術で小顔になる方法は高度な専門技術によって可能になります。セットバック技法では4番目の歯を抜いて自由になったスペースで顔の調整をします。上の顎を切除すると歯茎の見える部位を調節できますので綺麗な笑顔になります。下歯茎を切開する方法は走行している神経を傷付けないように細心の注意を払って施術します。これにより下顎が飛び出ている場合には引っ込めて美しい顔面整形を可能にします。最高の治療としては上顎、下顎を切開するというものがあります。あらゆる方向に骨移動が可能なので、手術で小顔になる方法としては最高の技術です。笑顔を美しく見せて歯茎のにも手を細かく入れて他の方法では出来ない成果があります。手術の時間は数時間程度で、ワイヤー除去と術後検診を2週間後に実施し、その後数週間はアフターフォローのためにメールで執刀医が直接相談するバックアップがあり万全の体制が整っています。こういった手術では事前のカウンセリングで費用と効果について十分に打ち合わせておく必要性があります。例えばエラ手術では人差し指1本程度の小顔効果が得られます。脂肪吸引、ボトックス注射との併用が効果的な場合もあり十分な打合せをします。手術をすると顔面麻痺等の後遺症が心配になる方もいます。かなり慎重に手術をするのでその可能性は限りなくゼロに近いので安心できます。

Back to Top